「珠肌ランシェル」の成分解析と使用した感想|卵殻膜成分でシワ改善

「珠肌ランシェル」について、成分解析と使用してみた感想、口コミ評価、お得な購入方法を紹介します。

「珠肌ランシェル」は今話題の「卵殻膜(らんかくまく)」を使用したオールインワンタイプのエイジングケア・スキンケア(美容液クリーム)です。

コンセプトは

LOX活性卵殻膜のパワー

弾力のパワーをつなぎあわせる技術で本格的なシワ対策

です。

実際に試してみて感じた「珠肌ランシェル」の特徴を紹介します。

特徴

次のようなお悩みを感じる方に、とてもおすすめのオールインワン(美容液クリーム)です。

・同年代の方に比べて、自分の肌に自信が持てなくなってきた・・・

・最近、小ジワが気になる・・・

・朝は忙しくて、きちんと化粧品をライン使いするのが大変・・・

・子育てに忙しくて、スキンケアに時間をかけられない・・

私たちの肌にシワやシミが生まれる原因のひとつが、30代以降の加齢にともない、角質層(肌の表面)のバリア機能が低下することです。

バリア機能が低下すると、紫外線で肌の奥の細胞がダメージを受けたり、肌の内部から水分が蒸発してしまいます。

すると肌のコラーゲンや水分量が減少し、シミやシワの原因になります。

そんな加齢にともなう肌の変化に対して、「珠肌ランシェル」の成分はとても効果的です。

珠肌ランシェルの美容効果の秘密は、卵殻膜(らんかくまく)成分です。

卵殻膜は、卵のカラと白身の間の薄皮です。

ゆでたまごを作ったときに薄皮になる部分ですね。

卵殻膜は、コラーゲンやエラスチンといった肌のハリ・弾力の源と同じ成分でできています。

この卵殻膜成分は、私たちの肌に塗ると、角質層を整え、肌のバリア機能を修復してくれます。

そのため、卵殻膜成分の配合の珠肌ランシェルを使用することで、低下した肌のバリア機能が復活し、若々しい頃の肌を、とり戻すことができます。

現在お得なキャンペーンも展開中で、とてもお買い得です。

珠肌ランシェル(公式サイト)

はじめに「珠肌ランシェル」を購入して、使用してみた感想と、口コミを紹介します。

その後、珠肌ランシェルの成分解析を紹介します。

最後にお得に購入する方法を調べたので紹介します。

使ってみた感想と口コミ

珠肌ランシェルを公式サイトから購入してみました。

珠肌ランシェル(公式サイト)

購入から5日ほどで届きました。

  中をあけてみます。

中には丸いケースで入っていました。

早速使用してみます♪

見た目はほんのり淡いピンク色です。

美容ジェルと記載されていますが、ジェルというよりクリーム状です。

付属のスプーンですくって手にとり、顔に塗ります。

塗ってみると、とても伸びの良いクリームタイプです

オイリー感はまったくありません。

塗り終わると肌に、クリームの膜ができたような、「一層肌が守られた」ような感覚です。

かといって、べたつく感じはまったくなく、赤ちゃんのようなモチモチっとした肌感触です。

冬場ですが、珠肌ランシェルを使用すると、翌朝も肌が乾燥していませんでした。

お肌がとてもモチモチ、ウルウルとしていて、いつもより弾力がありました

以上、珠肌ランシェルを試した感想です。

モチモチ・バリアーな印象です。

乾燥肌の方、昔よりも肌のモチモチ感・ハリ感が少なくなったかも・・・と感じる方に、とてもおすすめだと思いました♪

あと、オールインワンで手軽なのに、効果はしっかりしているので、忙しいお母さんや働いている女性にもおすすめだと思いました。

口コミ評価

珠肌ランシェルで多い口コミです。

口コミでは、「肌に変化があらわれ、とくにハリ感が若返った気がする」という感想が多いです

また、「シワやシミが目立たなくなった」という意見も多いです。

以下の動画でも感想が紹介されています。

珠肌ランシェル(公式サイト)

続いて、珠肌ランシェルに含まれている成分を解析します。

成分解析

珠肌ランシェルに含まれている成分を解析して、紹介します。

化粧品成分の化学的な特徴と、化粧品としての効果は必ずしも一致しません。
化粧品に十分な量が配合されているかは分からないため、以下記述は目安としてお考えください。

成分

水、グリセリン、BG、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、ペンチレングリコール、ジグリセリン、卵殻膜加水分解卵白酵母エキス、ヒアルロン酸Na、加水分解ヒアルロン酸アセチルヒアルロン酸Na、水溶性コラーゲン、加水分解コラーゲン、サクシノイルアテロコラーゲン、セラミド3セラミド6Ⅱプラセンタエキス、スクワラン、ユビキノン、加水分解エラスチン、ヒドロキシプロリン、アミノ酪酸、ツボクサエキス、オウゴン根エキス、イタドリ根エキス、チャ葉エキス、カンゾウ根エキス、ローズマリー葉エキス、カミツレ花エキス、ノイバラ果実エキス、セイヨウキズタ葉/茎エキス、スギナエキス、シャクヤク根エキス、ワレモコウエキス、レモン果実エキス、トウキ根エキス、アルニカ花エキス、セイヨウオトギリソウ花/葉/茎エキス、アロエフェロックス葉エキス、ホップ花エキス、セイヨウアカマツ球果エキス、クレマティス葉エキス、セイヨウナツユキソウ花エキス、ヒバマタエキス、トリスヘキシルデカン酸ピリドキシン、ハマメリス葉エキス、ブドウ葉エキス、セイヨウトチノキ種子エキス、トウキンセンカ花エキス、フユボダイジュ花エキス、ヤグルマギク花エキス、ローマカミツレ花エキス、オランダガラシ葉/茎エキス、ゴボウ根エキス、サボンソウ葉エキス、セージ葉エキス、キュウリ果実エキス、セイヨウニワトコ花エキス、ゼニアオイ花エキス、パリエタリアエキス、マグワ根皮エキス、クララ根エキス、オタネニンジン根エキス、ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)、テトラヘキシルデカン酸アスコルビル、トコフェロール、メチルヘスペリジン、パルミチン酸レチノール、シアノコバラミン、ナイアシンアミド、コレカルシフェロール、リン酸アスコルビルMg、キシリトール、イノシトール、グリチルリチン酸2K、グリコシルトレハロース、加水分解水添デンプン、グリシン、コーン油、(ダイマージリノール酸/ステアリン酸/ヒドロキシステアリン酸)ポリグリセリル-10、(エイコサン二酸/テトラデカン二酸)ポリグリセリル-10、カルボマー、キサンタンガム、ステアリン酸ポリグリセリル-10、水添レシチン、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、水酸化K、シリカ、フェノキシエタノール 

卵殻膜成分の美容効果

「珠肌ランシェルの」の独自の美容成分が、卵殻膜加水分解卵白酵母エキスからなる「卵殻膜成分」です。

この「卵殻膜成分」には、コラーゲンやエラスチン、そしてLOX酵素(ロックス酵素)が豊富に含まれています。

LOX酵素はコラーゲン同士をつなぎ合わせる成分です

そのため、肌の表面でバラバラになっているコラーゲンをLOX酵素がつなぎ合わせてくれて、隙間のない角質層(肌の表面)が実現されます

実は、私たちの肌にシワやシミが生まれる原因のひとつが、30代以降の加齢にともない、角質層(肌の表面)のバリア機能が低下することです

バリア機能が低下すると、紫外線で肌の奥の細胞がダメージを受けたり、肌の内部から水分が蒸発しまいます。

すると肌のコラーゲンや水分量が減少し、シミやシワの原因になります。

卵殻膜成分は、コラーゲンをつなぎ合わせて、隙間のない角質層にすることで、肌のバリア機能を修復してくれます。

そのため「卵殻膜成分」を使用することで、加齢にともなう肌のシミやシワを改善し、若々しい頃のハリ感のある肌へと修復してくれます。

その他の美容成分

卵殻膜成分ばかりがアピールされる「珠肌ランシェル」ですが、その他の美容成分も充実しています。

例えば、加水分解ヒアルロン酸アセチルヒアルロン酸Na加水分解コラーゲンセラミド3セラミド6Ⅱプラセンタエキス、などのお肌に良い美容成分が含まれています。

ヒアルロン酸コラーゲンは肌の保湿成分として働きます。

セラミド3、6Ⅱは肌の細胞の隙間(細胞間脂質)で、水分を蓄えて保湿してくれるほか、シワを抑制・減少してくれます

プラセンタエキスは、肌細胞の新陳代謝を高め、細胞のコラーゲンやヒアルロン酸の生成を活性化してくれます

これらの成分が含まれている点も、珠肌ランシェルの評価が高い秘密かもしれません。

以上、珠肌ランシェルの成分を紹介しました。

卵殻膜成分およびセラミドやプラセンタ成分が、肌のバリア機能を修復、肌細胞を活性化し、若々しい頃の肌を、よみがえらせてくれることが期待されます。

最後に、珠肌ランシェルをお得に購入する方法を調べたので紹介します。

お得な購入方法

珠肌ランシェルは、公式サイトで購入できます。

記事執筆日(17年11月25日)現在で、キャンペーンが展開されており、おまけで1か月分が無料でついてきます。

定期購入ですが、お肌に合わなければ1ヶ月目から解約できるので、安心です。

格安のキャンペーン中にお試ししてみて、合わなければやめるのがお得かと思います。

(最近、卵殻膜ブームで商品在庫が少ないそうです)

珠肌ランシェル(公式サイト)

同年代の方に比べて、自分の肌に自信が持てなくなってきた・・・

最近、小ジワが気になる・・・

朝は忙しくて、きちんと化粧品をライン使いするのが大変・・・

子育てに忙しくて、スキンケアに時間をかけられない・・・

そんなお悩みをお持ちの方は、ぜひ一度、試してみてください

(o^∇^o)ノ♪

珠肌ランシェル(公式サイト)