パーマを長持ちさせるお手入れ方法とおすすめのシャンプーを紹介

girl-511883_1280

本記事では「パーマがかかる仕組み」「パーマの持ちを良くするお手入れ方法」そして「パーマした髪におすすめのシャンプー」について,どのサイトよりも分かりやすく説明します.

パーマがかかる仕組み

パーマの基本的な手順

パーマの手順をおおまかに説明すると

①パーマ前にシャンプーや必要ならトリートメントをして,髪を濡らした状態にします

②ロッドで髪を巻き巻きします

③1つ目の薬剤(1液)を髪に塗ります

④温めながらしばらく放置します

⑤一度水洗いをして,2つ目の薬剤(2液)を髪に塗り放置します

⑥ロッドからはずして,髪を流し,トリートメントなどをして完了

お店やコースによっても多少変わるところはあるかもしれませんが,以上がパーマの基本的な流れです.

重要なのは,「2種類の薬剤を使う」ところです.

パーマがかかる仕組み

髪の毛は主にケラチンというタンパク質でできています.

そして,ケラチン同士は,3種類の結合でくっついています.

以下の図は,髪の毛を横向きに見たときの内部の結合の様子です.

pama1

1つ目の結合はシスチン結合と呼ばれ,強い結合です.

2つ目の結合は塩結合と呼ばれ,中くらいの強さの結合です.

3つ目の結合は水素結合と呼ばれ,弱い結合です.

パーマ施術前に髪をぬらすと,3つ目の結合である水素結合が外れます.

paam2

次にその状態でロッドに髪を巻くことで,髪がひっぱられます.

pama3

そしてこの状態でパーマの1液を塗ります.

1液には「アルカリ」「還元剤」の2つの成分が含まれています.

アルカリはキューティクルを開かせて,還元剤が髪の内部に浸透する通路を作ります

さらにアルカリ塩結合を切ります.

内部に浸透した還元剤シスチン結合を切ります.

その結果,以下のようにすべての結合が切れた状態になります.

pama4

次にパーマの2液を塗ります.

2液には「酸化剤」が含まれていて,切れたシスチン結合と塩結合を元に戻します.

pama5

最後に髪を乾かせば,すべての結合がずれた状態で再結合して,パーマ完了となります.

pama6

このように,パーマでは結合が強い塩結合とシスチン結合を1液で一度切って,ずらした状態で2液を使って再結合させることで,髪にクセをつけています.

パーマ後の手入れ方法

手入れ方法①:当日夜はシャンプーしない

パーマをした当日の夜は髪を濡らしたり,洗ったりしない方が良いです

パーマの1液のアルカリによって,髪のキューティクルが開いている状態のため,髪を洗うとキューティクル同士がこすれて剥がれてしまいます

また,パーマの2液の酸化剤による再結合は,パーマ後約24~48時間程度続きます.

当日夜に髪を洗ってしまうと2液の酸化剤が流れてしまい,パーマがしっかりとかかりません.

そのため,パーマをした日の夜は髪を濡らさないでおきましょう

手入れ方法②:髪を濡らしたまま自然乾燥させない

日にちが経ってパーマがだんだん落ちてしまうのは,重力による力に,再結合させた髪のシスチン結合が負けていくからです.

そのため極力,髪に重みを感じさせないことが重要です

特にシャワーの後,髪を濡らしたまま自然乾燥させると,ずっと髪が髪と水分の重みでひっぱられるため,パーマがとれてしまいます.

洗髪後はドライヤーでしっかり乾かすことが大切です.

手入れ方法③:ヘマチン入りのシャンプーを使用する

パーマをしたときの独特の臭いは,1液のアルカリに含まれるアンモニア系の臭いです.

このアンモニア系の臭いは,ヘマチンという成分が入ったシャンプーを使用することで除去することができます.

ヘマチンは血液のヘモグロビンと似た形の物質です.

ヘモグロビンが酸素とくっついて酸素を全身に運ぶように,

ヘマチンも様々な物質とくっつきやすいという性質があります.

この性質のおかげで,パーマ後に残留したアルカリ(アンモニア)とくっついてアルカリ臭を消してくれます.

またヘマチンが

髪のケラチン同士の接着剤となってつないでくれるため,シスチン結合が重力で切れるのを防ぎ,パーマが長持ちします.

パーマの持ちを良くするためにも,ヘマチン入りのシャンプーを使いましょう.

手入れ方法④:弱酸性のシャンプーを使用する

パーマの1液に含まれるアルカリは,髪のキューティクルを開かせます.

このままの状態だとキューティクルが開いているために,髪の内部から栄養分が流れ出ていったり,キューティクル同士がこすれて剥がれてしまいます.

そのため,髪を弱酸性に戻してあげる必要があります.

パーマをかけた後は,ヘマチンの入った弱酸性シャンプーを使用するのが最も望ましいです.

ヘマチンの入った弱酸性シャンプーとしては次の2つがおすすめです.

サンコールR21シャンプーの成分解析と使ってみた感想

ナプラ・ケアテクトHB・カラーシャンプーの成分解析と使ってみた感想

手入れ方法⑤:シリコン入りのトリートメントを使用しない

パーマを長持ちさせるにはシリコン入りのトリートメントを避けた方が良いです.

シリコンで髪をコーティングすることで確かに髪は美しくなりますが,コーティングで髪が重くなる分,早くパーマが落ちてしまいます.

そのためシリコン入りのトリートメントは使用せず,

シリコンとは別の方法で,髪を美しく補修してくれるトリートメントを使うのがおすすめです.

シリコンを使わずに髪を補修するには,次の2つの成分がおすすめです.

一つ目はメドウフォーム-δ-ラクトンという成分です.

この成分は髪の表面にくっついてドライヤーの熱で作用し,擬似キューティクルとなる性質があります.

そのため,パーマで傷んだキューティクルの代わりとなって,髪の表面にツヤを生み,滑らかな手触りのある髪にしてくれます.

二つ目はγ―ドコサラクトン(エルカラクトン)という成分です.

この成分もドライヤーの熱で反応して作用する新しい成分です.

ヘマチンと同様に吸着する力が強い成分で,髪の内部に浸透して内部で髪のケラチン同士をつなぎ,ヘマチンと同様にパーマを長持ちさせてくれます.

さらに,パーマの薬剤でダメージを受けた髪の内部を補修して,ハリ・コシのある髪にしてくれます.

これらの成分が入ったトリートメントを探すと,以下の製品が最もおすすめでした.

守り髪トリートメント(外部サイトへ)

※守り髪のシャンプーはお勧めではないです,トリートメントのみお勧めです

また,γ―ドコサラクトン(エルカラクトン)は含まれていませんが,メドウフォーム-δ-ラクトンが含まれているトリートメントとしては以下もお勧めです.

ナプラ・ケアテクトHB・リペアシャンプー・トリートメント

ここまでで,「シャンプーとトリートメントがペアになっていないけど大丈夫?」と疑問がわくかもしれません.

一般的に洗浄力の弱いシャンプーと,シリコンがっつり系トリートメントを一緒に使うのは良くありません.

ですが,洗浄力がきちんとある先にお勧めしたシャンプーであれば,ブランドでペアになっていなくても大丈夫です.

今回おすすめしたシャンプー&トリートメントを使うことで,

パーマした髪を長持ちさせるとともに,とても美しい状態にすることができます

以上,パーマの仕組みとお手入れ方法について紹介しました.

ご一読いただきありがとうございます.

Topへ⇒成分から考える!おすすめのシャンプー・スキンケア・サプリメントを紹介