「クセ毛やうねりの原因」と改善方法の紹介

本記事では「クセ毛の原因・対処法」について紹介します.

まずはじめに,「なぜクセ毛になってしまうのか」その原因を説明します.

そして,クセ毛を対処して,さらさらでまとまる髪に近づけるための方法について紹介します.

クセ毛の原因

髪の毛の骨組みには3つの内部結合があります.

シスチン結合,イオン結合,水素結合です.

これらの結合がゆがむと,髪の毛がゆがみ,クセ毛の原因となります.

kusege1

シスチン結合イオン結合は強力な結合です.

この結合は毛球から髪の毛が伸びていく際に作られます

そのため,頭皮に対して毛球がゆがんでいると,シスチン結合とイオン結合がゆがみ,クセ毛になります.

kusege2

この毛球がゆがむのには,「遺伝的原因」と「加齢」の2つの原因があります.

天然パーマと呼ばれるのは遺伝的原因です.

遺伝的原因に対しては,パーマをかけることで対処します.

加齢の場合は,加齢により頭皮の肌細胞の元気さがなくなり,頭皮細胞の骨組みがやわらいでしまうことによって,毛球ごとゆがんでしまいます

頭皮の細胞を健康的にしてあげることで改善するので,頭皮のコンディショニングが重要です.

3番目の「水素結合」は弱い結合であり,水素結合のひずみは,比較的弱いクセ毛や「髪のうねり」の原因になります.

パーマやカラーなどによって髪のキューティクルにダメージを受けると,髪内部の水分が外へ逃げやすくなります.

そして髪内部の水分量のバランスがゆがむと,水素結合もゆがみ,クセ毛やうねりが発生します.

髪の内部の水分量を補修する成分を含むトリートメントを使うことで対処します.

クセ毛,うねりへの対処法

加齢によるクセ毛に対しては,頭皮のエイジングケアによって対処します.

頭皮をコンディショニングする補修成分としては,「センブリエキス」「アスタキサンチン」などが挙げられます.

その他の頭皮補修成分についてはこちらをご覧ください.

補修成分の一覧:成分から考えるトリートメントの選び方

これらの成分が含まれたシャンプー・トリートメントを使用することで,頭皮細胞を健康にし,毛球のゆがみを減らすことでクセ毛が補修されます.

今まで20種類近くの製品を成分解析・使用してきたなかで,エイジングケアに最もおすすめのトリートメントを以下で紹介しています.

参考記事:「頭皮と髪のエイジングケア」に最もおすすめトリートメント(工事中)

次にキューティクルのダメージにより,毛髪の内部の水分量が減って水素結合がゆがんでいる場合です.

この場合には,髪内部の水分量を整える補修成分が含まれたトリートメントを使用します.

具体的には「加水分解ヒアルロン酸」「ペリセア」などです.

さらに,キューティクルを補修しないと水分の流出が止まらないので,「メドウフォーム-σ-ラクトン」などの成分も入っていると,なお良いです.

これらの補修成分が含まれたトリートメントを使用することで,クセ毛やうねりを抑えて美しいストレートな髪を手に入れることができます.

今まで20種類近くの製品を成分解析・使用してきたなかで,クセ毛やうねりを抑えるのに最もおすすめのトリートメントを以下で紹介しています.

ナプラ・ケアテクトHB・リペアシャンプー!パーマやカラーで傷んだキューティクルを補修

参考記事:「クセ毛とうねりを抑えてまとまる髪」を手に入れるのに最もおすすめトリートメント(工事中)

以上,クセ毛の原因と対処方法でした.

Topへ⇒成分から考える!おすすめのシャンプー・スキンケア・サプリメントを紹介