髪の毛にダメージを与えてしまう「3つの原因」

本記事では「髪の毛にダメージを与えてしまう3つの原因」について紹介します.

髪がダメージを受ける3つ原因は次のとおりです.

  • パーマやカラーの施術
  • 自宅でのお手入れ時のダメージ
  • 生活環境によるダメージ

それぞれについて説明します.

パーマやカラーの施術によるダメージ

パーマやカラーは,髪の性質を変えるほど大きな変化なので,髪にも負担がかかります.

パーマやカラーは2つの薬剤を使うことが一般的です.

1つ目の薬剤の役割は,キューティクルを開かせて,2つ目のパーマ剤やカラー剤を,髪の毛の内部に浸透しやすくします.

1剤目はキューティクルを開かせるために強いアルカリ性になっており,キューティクルにダメージを与えてしまいます.

そのため,パーマやカラーをした時は,その後のダメージケアが重要です.

自宅でのお手入れ時のダメージ

自宅でのお手入れ時にも髪にダメージを与えてしまうことがあります.

とくに,

髪が濡れている状態はキューティクルが開いているため,とてもデリケートです

濡れている状態の髪に対して,強くひっぱって櫛をしたり,タオルでゴシゴシ強くこすると,キューティクルがはがれてしまいます.

また,ドライヤーやアイロンの「熱」も髪のダメージになります.

風量の弱いドライヤーで髪を乾かすと,髪の一箇所の温度が部分的に熱くなりがちです.

すると温度が高くなりすぎた部分は,キューティクルが傷んでしまいます.

生活環境によるダメージ

3つ目の生活環境によるダメージは,外部からのものと,身体の内側からのものに分けられます.

外部環境としては,紫外線やタバコの煙などが挙げられます.

これらは髪の色素細胞であるメラニン細胞や,髪の内部のタンパク質にダメージを与えます.

身体の内側の環境としては,ストレス睡眠不足乱れた食生活が挙げられます.

ストレスや睡眠不足などで頭皮の血流が悪くなると,髪にきちんと栄養が届かなくなります.

また,髪はタンパク質でできているので,食生活が乱れてアミノ酸やビタミン・ミネラルが不足すると,髪が痩せて細くなります.

以上,髪にダメージを与える3つの原因でした.

これらに気をつけることで,より美しい髪を保つことができます.

Topへ⇒成分から考える!おすすめのシャンプー・スキンケア・サプリメントを紹介